寝てもすっきりしないのはなぜ?

熟睡感がほしい!温感感覚に注目

「しっかり寝たつもりでも、熟睡感がない」「もっとスッキリ目覚めたい」そんな風に思ったことはありませんか? 仕事が遅くなったり、自由な時間を過ごすうちについつい削りがちになる睡眠時間。もっと質を向上させたいですよね。 寝てもすっきりしない原因は、睡眠五感に問題があるからかもしれません。 そこで睡眠五感に注目して、睡眠の質を向上させましょう! 睡眠五感とは、「視覚」「聴覚」「嗅覚」「触覚」「温感感覚」のことです。 例えば視覚であれば、朝起きたらすぐに窓を開けて、15秒間朝日を浴びることで体内時計を整えます。 しかし聞きなれない「温感感覚」とは何なのでしょうか? 身体は深部体温が低下することで、睡眠の準備を始めます。 それを行うことによって、より深い眠りへの導入をスムーズにするのです。

温感感覚対策、何をすれば良いの?

温感感覚の対策をするといっても、具体的な方法が思い浮かばないのではないでしょうか? 地球上で最も古いアミノ酸のひとつと言われている「グリシン」。 グリシンは血管を拡げ、血流を増加させます。 その上、血流の増加は体表面の体温を上昇させる効果もあるので、体表面の温度が上昇することで体内の熱を放出し、それにより深部体温が低下するのです。 グリシンには深い睡眠に導く効果もあるため、就寝30分前に3グラムの摂取がおすすめです。 エビ・ホタテ・イカ・カニなどの食品にも多く含まれている成分ですので安心ですね。 サプリメントとしても様々な種類のものが販売されています。 「最近作業効率が落ちてきた」などの悩みがある人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

© Copyright Sleep Supplement. All Rights Reserved.